インターネットバンキングについて

インターネットバンキングとは、銀行口座の情報をインターネットで把握できるサービスです。
現在、多くの銀行がインターネットバンキングを採用しており、簡単な手続きで登録することができます。
銀行の店頭などで、「インターネットバンキングを使いたい」と申し出ることで、書類を渡されるのでそれに必要事項を記入することで手続きは完了します。
また、銀行のホームページからも申し込むことが出来る場合もあります。
ただし、その銀行に口座を開設していることが必須となっています。

主なサービスとしては、「口座残高の確認」や「振込手続き」などが行え、ATMなどから振込をする場合に比べてインターネットバンキングを経由して振込を行うほうが手数料が安いという銀行もあります。
インターネット銀行は、支店を持っていないためほとんどの取引がインターネットバンキングで完結します。
一般的な銀行の場合は、インターネット上では住所変更等の手続きができず、本人確認のために店頭での変更が主流となっていますが、インターネット銀行の場合は、住所変更等の手続きもすべてインターネットで完結します。
そのため、手間がかからず忙しい平日の夜間でも変更ができるというメリットがあります。


また、使い方次第では非常に便利なものとなっています。
例えば、家賃を納める場合でも、ATMから振込をするとなると平日ですと時間が限られてしまい、忙しかった場合は振込ができません。
しかし、インターネットバンキングを使えば、24時間どこでも振込手続きができるため、自宅に帰ってから振込してもよいですし、帰宅途中の電車の中からスマートフォンで振込手続きができます。


一部の銀行では、インターネットバンキング専用のスマートフォンアプリを用意しています。
そのため、スマートフォンアプリを使うことで、簡単に様々なサービスを利用することができるのです。
ただ、パソコン版インターネットバンキングに比べると多少機能が制限されてしまうため、パソコン版で使っている機能がスマートフォン版で使うことができないというケースは多々存在します。
また、スマホで通信制限がかかってしまうと、正常に操作できない場合もあるので注意が必要です。